Searching...
2018年2月23日金曜日
行くとガッカリするかもしれない世界遺産

行くとガッカリするかもしれない世界遺産

■行って後悔する可能性の高い世界遺産 World’s most underwhelming UNESCO sites 旅行先に世界遺産を加える人も多いかと思いますが、こちらのサイトでは 行くと後悔する世界遺産 をいくつか紹介しています。 特に一番目に紹介してい...

アメリカのBBQに対する情熱はすごいらしい

アメリカのBBQに対する情熱はすごいらしい

■BBQの話題は出さないでね 第47回 米国では初対面の人とBBQの話はNG!? 「例えば、メイン州などのアメリカ北東部の大西洋沿岸地域は水産物が豊富で、クラムチャウダーやロブスターが名物。アリゾナ州などの南西部ではトルティーヤやサルサを使った料理などメキシコの...

精神病質者(サイコパス)の脳内構造

精神病質者(サイコパス)の脳内構造

■精神病質者(サイコパス)の脳を調査していたファロン氏 ジム・ファロン「殺人者の精神の探求」 神経科学者のジム・ファロン氏は、精神病質(サイコパス)の脳内構造を調べていたところ、 自分がその脳に酷似した持ち主であることが判明 し、自らを研究対象として扱い、精神病質...

2018年2月22日木曜日
映画『ベイマックス』の感想

映画『ベイマックス』の感想

■映画『ベイマックス』の感想 映画『ベイマックス』 ☆作品概要 マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボ...

驚愕なラストの映画三作品『エスター』『シックス・センス』『ミスト』

驚愕なラストの映画三作品『エスター』『シックス・センス』『ミスト』

■驚愕なラストの映画三作品をご紹介 ☆映画『エスター』 孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。『蝋人形の館』のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取り、実子を流産で亡くしたことへのトラウマと謎め...

アガサ・クリスティ『オリエント急行の殺人』の感想

アガサ・クリスティ『オリエント急行の殺人』の感想

■アガサ・クリスティ『オリエント急行の殺人』の感想 http://bookmeter.com/b/4151300082 この物語のおいて特異とされているのは、序盤で登場する誘拐事件が実在の 「リンドバーグ愛児誘拐事件」 を参考にしていることにあります。 ...

「美人だから得をする」という偏見について

「美人だから得をする」という偏見について

■美人は本当に得をするのか? キャメロン・ラッセル 「ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて」 よく聞かれる最後の質問は 「モデルってどうなの?」です。質問者の期待する答えというのは、 「すらっとして 髪が美しかったら 幸せで 有名になれるわ...

2018年2月21日水曜日
海外の研究における暴力的なゲームと犯罪の関係について

海外の研究における暴力的なゲームと犯罪の関係について

■海外での暴力的なビデオゲーム対する印象 http://time.com/4000220/violent-video-games Violent Video Games Are Linked to Aggression, Study Says. But ther...

失神すること間違いなし!海外の超高層ジェットコースター

失神すること間違いなし!海外の超高層ジェットコースター

■世界の超高層ジェットコースター http://goo.gl/sT2bnZ 日本の有名なジェットコースターは何になるのでしょうか? おそらく富士急ハイランドの 「フジヤマ」 辺りの名前が挙がるとは思いますが、海外での絶叫型ジェットコースターも負けず劣らず迫力がある...

2020年のオリンピックで大切なインフラの整備

2020年のオリンピックで大切なインフラの整備

■運営に問題がある平昌オリンピック オリンピックが開催される際に 「施設が完成していない」、「交通の整備が成されていない」 などの問題が浮き上がるのはどの国も同じ。 2016年にリオデジャネイロで開催されたオリンピックも、大会が始まる前に同様のことを言われていま...

2018年2月20日火曜日
映画『ドント・ブリーズ』の感想

映画『ドント・ブリーズ』の感想

■日本語に訳せば「息をするな」ですが… 映画『ドント・ブリーズ』を鑑賞しました。 日本語に直訳すれば「息をするな」という意味ですが、実際は 「音を立てるな」 という印象ですね。ホラー映画というよりはサスペンス寄りかな。 監督さんが「死霊のはらわた」をリメイクした人...

2018年1月22日月曜日
芥川龍之介「藪の中」の考察

芥川龍之介「藪の中」の考察

■芥川龍之介作「藪の中」について ・青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card179.html 芥川龍之介「藪の中」は、映画「羅生門」の題材となった作品であり、芥川流の人間に対する 皮肉に満ちた内容 となっています。 ...

 
Back to top!